<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
OTHERS
<< 戦略か、組織か | main | 会社のビジョン、社風 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
電子名刺
先週金曜日、J社のT様から下記のようなメールがありました。

「すでにご存じかもしれませんが、秋にマクロソフトが「インターコネクト」
という電子名刺の交換サービスを開始するようです。
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=1940
個人的な直感ですが、もしかしたら爆発するかもしれません。」


自分の勉強不足で、正直この情報をしりませんでした。冷や汗

実はAP社が設立してから最初ランチしたインターネットサービスは「Letscard」でした。 このサービスを利用すれば、ユーザが自分のネット名刺を作って、友達に配布できます、相手が送ってきたネット名刺をオンライン名刺ホルダに保存できます。もしユーザの個人情報が変ったら、自分のネット名刺を修正すれば、友達の名刺ホルダに保存された名刺も自動的に更新されます。もちろん、これ以外も様々な機能(検索、整理、同期など)を開発しました。

「Letscard」の発想とマイクロソフトの「インターコネクト」が似てる部分がありますが、考え方の角度が全然違います。Letscardは殆どインターネットベースで、最新データもネットで保存されるという仕組みですが、「インターコネクト」はかなりの機能がクライアントベースで行います。Letscardは現在のままでしたら、なかなか普及しにくいとは思いますが、「インターコネクト」もかなり微妙と思います。

電子名刺(ネット名刺)の分野は将来にかなり成長できる分野になれると信じていますが、切り札は何かまだ見えてないですね。
 

| インターネット(一般) | 21:07 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:07 | - | - |
私が思うに、日本には(日本だけじゃないけど)名刺っていう文化があるのではないでしょうか?電子名刺はとても合理的で便利だと思うんですが、紙の名刺を見ると、その人のこと思い出したり、個人や会社をアピールするデザインで、へーっと思ったりすることがあります。そんな情緒的なところが電子名刺にもあるといいのではないでしょうか?
| taka | 2004/06/10 10:13 PM |
コメントする









http://shen.jugem.cc/trackback/6
トラックバック

日本に生活している日々を記録しているブログです。